訳 詞 と 考 察

la civilisation faible
HOME

  System Of A Down  

外観と内実にギャップがあることは確かだが、システム・オブ・ア・ダウンは、単にそのへヴィな音響で聴く者を圧倒するだけのバンドではない。単に政治的アジテーションで反体制派を煽るだけのバンドでもない。単にミステリアスな言辞を弄ぶ自分に酔った頭でっかち野郎でもない。彼らは現代の文明の問題と、そこに生きる自分達の責任を真摯に引き受けようとしている、ドアーズあたりから続く“アメリカの良心”or“良心的反米”の系譜を継ぐバンドなのである。


     訳 詞   
  
1.  TOXICITY   (2001)
2.  FOREST   (2001)
3.  BOOM!   (2002)
4.  INNERVISION   (2002)
5.  A.D.D.   (2002)
6.  STREAMLNE   (2002)
7.  CHOP SUEY!   (2001)
8.  AERIALS   (2001)
9.  SPIDERS   (1998)
10.  P.L.U.C.K.   (1998)
     
11.  CIGARO   (2005)
12.  SAD STATUE   (2005)
13.  LOST IN HOLLYWOOD   (2005)
14.  ATTACK   (2005)
15.  KILL ROCK'N ROLL   (2005)
16.  HYPNOTIZE   (2005)
17.  TENTATIVE   (2005)
18.  HOLY MOUNTAINS   (2005)
19.  LONELY DAY/SOLDIER SIDE   (2005)

     考 察   
   システム・オブ・ア・ダウン 訳出に関するノート
   サージ・タンキアン その詞の個性
   訳出した詞について 個別の解説
   「LOST IN HOLLYWOOD」考 個別解説EXTRA-1
   「CHOP SUEY!」をめぐって 個別解説EXTRA-2

     DATA   
   ・原詩が読めるサイトの一例   ALL IN A SYSTEM DOWN
  「訳出に関するノート」でも紹介している日本のファンサイトの草分け。lyricsから。



HOME  Back
inserted by FC2 system